おすすめ温泉旅館

【草津温泉】高級旅館「湯宿 季の庭」に泊まってきました|夫婦やカップルにおすすめしたい理由

草津温泉季の庭

先日、草津温泉観光協会が開催しているフォトコンテスト「撮ってチョイナ!フォトコン」でグランプリになり、入賞商品で草津温泉の宿泊券をいただきました。

草津温泉観光協会さま、ありがとうございます!!

せっかくなので、普段では泊まる機会がない、草津温泉の旅館の中ではハイクラスになる高級旅館「湯宿 季の庭(ゆやど ときのにわ)」さんに宿泊してきました!

こちらの温泉旅館は、泊まった感想を率直に言うと夫婦やカップルなどで、ゆっくり過ごしたい方にオススメの旅館です!

今回は、「湯宿 季の庭」さんに宿泊してきた感想と、おすすめポイントをご紹介します。

2020年7月に宿泊した時点での情報になります。最新の情報はホームページ等でご確認ください。

草津温泉を観光後、チェックイン

旅館にチェックインする前に、まずは草津温泉を観光してきました。

その様子については別の記事でおすすめの草津温泉グルメスポットなどを紹介しているので、参考にしてください!

【旅レンズ】超広角単焦点レンズ旅行のススメ|SEL20F18G1本で草津温泉を旅してきた!おすすめランチ、グルメスポットも紹介 もちづき 皆さんは旅行に行くとき、どんなレンズを持っていきますか? せっかく旅行に行くなら、いい写真を撮りたいですよね!そのた...

チェックインは午後3時からとなっていましたので、午後3時ちょうどくらいに宿に到着しました。

「湯宿 季の庭」は、草津温泉の湯畑からは少し離れているので、車などで行くことをオススメします。

季の庭

駐車場に隣接した和風な入口から入り、階段を下りていきます。

同一敷地に「お宿 木の葉」という旅館もありますので、駐車場などは共有になっています。運営はどちらも全国に旅館・ホテルを運営している「共立リゾート」さんになります。

季の庭

階段を降りてすぐに「お宿 木の葉」の入り口があり、「湯宿 季の庭」の帳場(受付)は少し進んだところになります。

季の庭
季の庭
こちらが季の庭の入り口になります。入る時に検温が行われ、チェックインの手続きを行います。

館内を散策

チェックインを済ませ、スタッフさんから館内の案内をされながら、廊下を進みます。

季の庭館内
季の庭と木の葉をつなぐ廊下は共有スペースとなっており、円形になっているので、ぐるぐる回ることができます。
季の庭
廊下の外側は中庭になっており、緑豊かな庭園を眺めることができます。
季の庭
廊下を進むと、季の庭の暖簾があります。こちらに入るのは、季の庭の宿泊客のみなので、ちょっとした優越感。
季の庭
季の庭専用ゾーンに入ると、館内着を選ぶことができます。基本的には右の作務衣が部屋に置いてありますが、左のワッフルパジャマや色浴衣も持っていくことができます。
もちづき

せっかくなので、浴衣を持っていきました!

季の庭
客室フロアに行くと、おしゃれな照明で照らされた廊下を進んでお部屋に向かいます。

お部屋は露天風呂付きの豪華客室

季の庭のお部屋は、なんと全室客室露天風呂付!

なので、全部屋お値段もハイグレードになっています。

もちづき

客室露天風呂付でなくてもいいのであれば、隣接している「お宿 木の葉」がリーズナブルでおすすめです!

それでは、お部屋探検!

季の庭の客室
今回は、ダブルベッドの客室。すごく広いわけではないですが、バルコニーもあって、おしゃれなお部屋です。
季の庭部屋
こちらがベッド。こちらの旅館では館内着があり、基本的に宿泊客はこちらを着て過ごしています。
季の庭部屋
旅館定番のお部屋のお菓子。部屋に入ったらまずこちらを確認します。シャインマスカットゼリーと名物の花豆のお菓子、ごちそうさまです!
季の庭部屋
こちらが洗い場。
季の庭部屋
こちらが、客室用露天風呂!ボタンを押すと温泉の源泉が出てくる夢のようなシステムです!
もちづき

一家に一台欲しい。

季の庭部屋
客室露天風呂のすぐ隣にはバルコニーがあり、湯上りに涼むのにはうってつけです。
もちづき

お部屋が快適すぎて、外に出たくならない。

大浴場と無料で入り放題の貸切風呂

大浴場

露天風呂
参照:「湯宿 季の庭」ホームページ

草津温泉の源泉は7種類ありますが、その中の「わたの湯」と「湯川の湯」の2種類の源泉が使われています。

3種の貸切露天風呂は無料で入り放題!

貸切露天風呂
参照:「湯宿 季の庭」ホームページ

貸切露天風呂は3種類のコンセプトのお風呂があります。

こちらの特長は何といっても、無料で入り放題というところです!

普通なら時間制限が40~50分で2,000円程度の追加料金が発生するのですが、それがなんと無料というのがとてもうれしい…!

貸切露天風呂の入口にランプで現在使用中か確認できるので、空いている時であれば好きな時に何度でも入れます!

大浴場と貸切露天風呂は「お宿 木の葉」と共通利用です。

夕食は半個室の食事処で

夕食は、部屋食などは選べませんが、食事会場が半個室のスペースになっているので、こういったご時世でも安心して食事をすることができます。

季の庭夕食メニュー
こちらが夕食のメニュー表です。7月のメニューです。メインの焼きもの料理が選択式になっているので、最初にどれを選択するか確認されます。
季の庭夕食
こちらは最初にだされる箱膳。一口サイズのものが数多く並んでおり、どれも非常にこだわりを感じる料理でした!
季の庭夕食
こちらは枝豆の冷製スープ。飲み物みたいにグッと飲める器です。
季の庭夕食
こちらは鮎の塩焼き。内臓が取ってないものだったので、少し苦みが…鉄板焼きが先に来たので、焼いている間に冷めてしまったのが残念。
季の庭夕食
焼き物は海鮮の鉄板焼きを選択。アワビや「天使のエビ」という美味しいエビが!
季の庭夕食
妻は肉の鉄板焼きを選択しました。自分で焼いていくスタイルです。
季の庭夕食
旅館あるあるの終盤に食事。そばかタコ飯との選択式。ここはさっぱりとそばをチョイス!
季の庭夕食
最後にデザート。ほうじ茶アイスと抹茶ケーキ、果物など。

お楽しみの夜鳴きソバのサービス

季の庭、木の葉の共通のサービスになりますが、1Fの共有スペースで夜の10時から11時の間に夜鳴きソバのサービスがあります。

あっさり醤油味のラーメンなので、夕食から時間が経って、小腹が空いたときにちょうどいいです!

季の庭夜泣きそば
もちづき

無料のサービスと聞いたら、お腹がいっぱいでも食べます。

朝食は和食か洋食を選択

夕食が終わったときに、翌朝の朝食をどうするか確認されます。

  • 和食(おかゆ、焼鮭など)
  • 洋食(パン、卵料理など)

私たち夫婦はどっちも洋食を選択。なので和食の詳細はホームページなどでご確認ください!

洋食メニューの詳細を写真で紹介していきます!

季の庭朝食
まずは初めに、温かいお茶にヨーグルトと果物のジュース。
季の庭朝食
次に一斉に運ばれてきました。こちらが朝食(洋食)です。朝食はそんなに品数がないと思っていたので、こんなに豪華なものが朝から食べれて幸せです!
季の庭朝食
パンはクロワッサン、食パンなどの盛り合わせになっています。こちらの画像で2人分です。
季の庭朝食
オムレツとサラダです。卵料理はオムレツやスクランブルエッグなどから選べたと思います。

まとめ:夫婦、カップルにオススメな理由

以上、写真盛りだくさんで紹介しましたが、写真を思わず撮りたくなるくらい雰囲気の良いおしゃれな旅館でした!

私が夫婦で泊まってみて、実際に感じた夫婦、カップルにおすすめな理由は次のような感じです!

季の庭が夫婦、カップルにオススメな理由
  1. 客室露天風呂付なので、気軽に入れる!

    こんなご時世でも、2人で安心して時間を過ごせるのはうれしいです!
  2. 種の貸切露天風呂が入り放題!

    3つの貸切露天風呂が空いている限り、何度でも入り放題というのは、ほかの旅館では滅多にないサービスです!
  3. 綺麗で清潔感のあるおしゃれな旅館!

    カップルで行くなら、綺麗でおしゃれなところがいいですよね!
もちづき

心配性な性格なので、大浴場に行かずに客室露天風呂と貸切露天風呂を堪能しました。

宿泊はお得な方法で予約しよう!

2020年7月22日以降から、国が行っている事業である「GO TO トラベル」キャンペーンを利用することができます。

「湯宿 季の庭」さんも対象になるとホームページで発表されていました。

適用方法については、期間によって異なるので条件等をよくご確認ください。

参考:共立リゾートホームページ「Go To キャンペーンについて」

ここで、予約する時に注意したいのが旅行予約サイト(じゃらん・楽天トラベル等)・大手旅行代理店(JTB等)を通さないと適用にならないということです!

個人的には旅行予約サイトを使えばポイントも貯められるのでさらにお得です!

もちづき

ここまで読んでいただきありがとうございます。草津温泉の散策記事も良かったらご覧ください!

【旅レンズ】超広角単焦点レンズ旅行のススメ|SEL20F18G1本で草津温泉を旅してきた!おすすめランチ、グルメスポットも紹介 もちづき 皆さんは旅行に行くとき、どんなレンズを持っていきますか? せっかく旅行に行くなら、いい写真を撮りたいですよね!そのた...
ABOUT ME
もちづき
もちづき
都内の大学卒業後、地元群馬にUターン就職したカメラ好きブロガー。
・男の子(0歳児)のパパ
・風景写真で群馬県内のフォトコンで受賞歴多数

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA