群馬のフォトスポット

【桐生市】宝徳寺|2020年、夏の床もみじとふうりん祈願開催中!【期間、アクセス、料金】

8月に入って、長い梅雨が明けて暑い日が突然訪れてきました。

2020年は感染症により多くの夏のイベントが中止となっており、寂しい気持ちになっている方も多いのではないでしょうか。

そんな中、桐生市にある宝徳寺では。夏の風物詩である行事が開催されることになりました。

  • 夏の床もみじ(開催期間:8月1日~10日、9月1日~6日)
  • ふうりん祈願(開催期間:8月1日~9月6日)
宝徳寺

「夏の床もみじ」「ふうりん祈願」が開催されるということで、さっそく行ってきました!

今回は、その内容についてご紹介します。

もちづき

期間限定になっていますので、ぜひ一度行ってほしい場所です!

2020年夏の床もみじとふうりん祈願が開催!

宝徳寺とは

名称宝徳寺
所在地群馬県桐生市川内町5-1608
公式ホームページhttp://www.houtokuji.jp/
駐車場第1駐車場 21台
第2駐車場 42台

宝徳寺とは、群馬県桐生市にある臨済宗の禅寺です。季節ごとに様々な行事を行っており、年間を通じて多くの参拝客が訪れています。

夏の床もみじ(開催期間:8月1日~10日、9月1日~6日)

宝徳寺

宝徳寺の本堂では、期間限定床もみじを見ることができます。


磨き上げられたピッカピカの床板に境内にある紅葉が映り込む光景は、息をのむ美しさとなっています。

床もみじは京都にある瑠璃光院が有名ですが、ここ群馬県で見ることができる貴重な場所になります。

2020 ふうりん祈願(開催期間:8月1日~9月6日)

宝徳寺

例年は、「風鈴まつり」として開催されていましたが、今年は感染症に見舞われている年ということもあり、「ふうりん祈願」ということで開催されています。

短冊を入山時に買うことができ、お願い事を書いて風鈴につるすことができます。短冊にはかわいいお地蔵さんか、今年から追加されたアマビエの絵が描いてあります。

宝徳寺

宝徳寺へのアクセス・駐車場・料金

車でのアクセスと駐車場について

遠方からお越しの場合、北関東自動車道を利用
⇒太田桐生インターチェンジまたは伊勢崎インターチェンジで降りてからから約30分

宝徳寺駐車場
引用:宝徳寺ホームページ

駐車場は上の図のとおり、道路沿いに駐車場が2カ所ありますので、そちらを利用してください。

休日は大変混雑しますので、余裕を持って出かけましょう。指定場所以外の駐車場への無断駐車はおやめください。

公共交通機関でのアクセス

宝徳寺公共交通機関でのアクセス
引用:宝徳寺ホームページ

公共交通機関を利用していく場合には、まず電車か新幹線で「桐生駅」まで行きます。

桐生駅へのアクセス方法

【東武鉄道】
東武特急りょうもう号(1時間42分)浅草駅 → 相老駅または赤城駅
各駅よりタクシーで10分~15分JR両毛線

【新幹線】
東北新幹線 小山駅 → 桐生駅 55分
上越新幹線 高崎駅 → 桐生駅 45分

桐生駅についたら、バスで宝徳寺まで向かいます。

桐生駅北口から川内線のバス乗車 20分~25分
「名久木行き」にて旧川内北小学校前下車 もしくは
「吹上行き」にて宝徳寺入口下車

どちらのバス停も距離はほとんど変わらないので、乗る便に合わせて下車してください。

料金(入山料、拝観料)

宝徳寺に入るには、入山拝観料を支払う必要があります。また、床もみじを見るためには本堂の拝観料を別で支払う必要があります。

  • ふうりん祈願のみを見る場合
    入山拝観料:大人300円(短冊付き)
  • ふうりん祈願と床もみじを見る場合
    入山拝観料:大人300円(短冊付き)
    本堂拝観料:300円

    ※入山拝観料は高校生以下無料(短冊は1枚200円で購入可能)

宝徳寺の写真ギャラリー

宝徳寺
宝徳寺の入り口には、このようなメッセージが。可愛いお地蔵さんの絵が宝徳寺の特徴です。
宝徳寺
本堂の床板がピッカピカに磨き上げられています。この床板部分は立ち入り禁止なのでご注意ください。
宝徳寺本堂
本堂の縁側からは枯山水を眺めることができます。この日も多くの参拝客が休んでいました。
宝徳寺
昨年来た時よりも風鈴が設置してある場所が多くなっていました。
宝徳寺
浴衣を着た可愛らしいお子さんもおりました。
宝徳寺
境内にある椅子には、今の時期ならではの配慮も。

画像の無断転載はお断りします。

その他にも魅力的な行事・御朱印あり

春や秋の床もみじも必見!

宝徳寺では、夏だけでなく秋や春にも床もみじが公開されています。

特に秋の床もみじは真っ赤に紅葉したもみじが床に映りこむので、旅行会社でツアーが組まれているほど人気です。

公開時期などは宝徳寺の公式ホームページをご覧ください。

宝徳寺ホームページ:秋の床もみじ

月替わりの可愛い御朱印も人気!

宝徳寺は御朱印を集めている方にも非常に人気があるお寺です。

  • 御朱印の絵が可愛い
  • 月替わりで絵柄が変わる

非常に多くの方が御朱印をもらいに訪れるので、休日は大変長く待つ可能性もありますので、余裕を持っていきましょう。

おわりに

以上が宝徳寺のご紹介でした。

私は夏の床もみじの時期にしか行ったことがないのですが、秋の床もみじも綺麗だと思いますので、ぜひ開催されることを願っています。

開催期間に注意して、お出かけください。

この記事で紹介している内容は、執筆時点のものです。最新の情報をご確認の上、お出かけください。

ABOUT ME
もちづき
都内の大学卒業後、地元群馬にUターン就職したカメラ好きブロガー。群馬の魅力的なフォトスポットやカメラ講座を記事にしています。
・群馬県内フォトコンテストで受賞多数。
・元教育業界でプロブロガー

「ココを紹介してほしい!」などのコメント、掲載依頼もお待ちしております!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA