写真編集ソフトLuminar NEOセール開催中!

物撮りがカンタンに撮れる背景布セット|ピノスタジオ背景布セットレビュー

「物撮り」という言葉をご存知ですか?
物撮りとは、人物撮影とは違いアクセサリーや小物雑貨などの商品を撮る写真のことです。

しばいぬ君

プロみたいな本格的な商品撮影がしたいな〜

きつね君

フリマアプリって商品の写真のクオリティが大事だよねっ

フリマ通販サイトをやっている人にとっては、商品画像のクオリティで売れ行きに大きく影響します。
私もブロガーなのでブログに載せる画像にはなるべくこだわっていますが、なかなかいい撮影スペースがなくて悩んでいました。

どうやら背景布というものを使えば綺麗に撮ることができると知り、いいものがないか探していましたが、ついに運命的な出会いをして見つけました。

それが、ピノスタジオの背景布セット。
素人でも本格的にプロみたいな商品撮影、物撮りがしたい人におすすめの背景布なのでレビューしていきます。

もちづき

これは買ってよかった!

この記事を書いている人
もちづき
もちづき
群馬で活動するアマチュアフォトグラファー
群馬の風景写真を撮り続けて、Instagramフォロワー1.2万人。
子供が産まれてからは子供の写真メインで撮っています。
群馬県、草津温泉主催のフォトコンテストで最優秀賞受賞。
目次(クリックorタップで飛べます)

ピノスタジオとは

ピノスタジオの運営会社

ピノスタジオ

ピノスタジオとは、神奈川県にある株式会社オー・エム・イーという会社が運営している撮影キットの製品ブランドです。
運営会社は1953年に設立された会社で、スクリーン印刷、インクジェット印刷を主とする特殊印刷業をやっているので、その技術を活かして撮影キットを開発しています。

ピノスタジオの撮影キットの特徴

撮影布って他にもいろいろな製品がありますが、いったい他のものと何が違うのか。
ピノスタジオの撮影キットの特徴は次のようなものがあります。

ピノスタジオ撮影キットの特徴
  • シワがつきにくい
  • 本物のような質感
  • 汚れを弾く
  • 30秒でセット可能
  • コンパクトに収納できる
  • リアルな柄のシートを手軽に取り替え可能

ピノスタジオの撮影キットは「いつでも、どこでも、だれでも」写真の世界観を演出することを目的にしています。

普通の布とは違う特殊素材を使っているので、水や汚れに強く、シワもつきにくいため、プロの本格的な撮影にも使われるような製品になっています。

ピノスタジオ背景布セット開封レビュー

というわけで、さっそく届いたので開封レビューをしていきます!

箱を開封

ピノスタジオ背景布

箱にはピノスタジオの文字が。

ピノスタジオ背景布

箱を開けると、背景布が紙に包まれて梱包されていました。
今回は3種類のLサイズの背景布を注文しました。2つくらいにしたかったけど、選びきれませんでした・・・

ピノスタジオ背景布

箱の中には専用の取り付けボードも入っていました。こちらはM、Lサイズ共通です。

ピノスタジオ背景布

取り付けボードは裏のスタンド部が一方向に可動するシンプルな設計。

ピノスタジオ背景布

横向きに立てるとこのような感じ。スタンドの接地部分に革素材のカバーが付いているので床を傷づける心配がなく、滑り止めになります。

ピノスタジオ背景布

横向きだけでなく、縦向きに立てて、高さを出すことも可能です。

背景布を見ていきましょう

背景布のほうを見ていきます。

今回買ったのは次の3種類。

  • 白木目 Lサイズ
  • コンクリート Lサイズ
  • パステルブルー Lサイズ
ピノスタジオ背景布

ピノスタジオの文字入りのマジックテープバンドがくっついています。
本体にくっついているので、バンドがなくなったりする心配がないのが嬉しい。

ピノスタジオ背景布

まず買ったのは、白木目。

ピノスタジオ背景布

2つ目が、コンクリート。

ピノスタジオ背景布

3つ目がパステルブルー。

Lサイズは123cm×90cm
これくらいあれば、靴やバッグ、カバンなども置いて撮ることができます。

ピノスタジオ背景布

特殊素材「ターポリン」というものを使っているとのことですが、触った感じは布というよりビニール感のある素材です。
たしかにシワがつきにくいような素材になっています。厚みもあるので思っていたよりもしっかりした印象。

設置はカンタン!

実際に設置してみましょう。

ピノスタジオ背景布

背景布を広げて、取り付けスタンドの端に引っ掛けるだけ!
背景布の端っこがスタンドを挟めるような隙間が作られているのでしっかりと挟み込まれます。

ピノスタジオ背景布

設置してみるとこのように。おお、いい感じ!
これであれば一畳分もいらずに撮影スペースを作り出すことができます。

たったこれだけの作業で設置が完了するので「30秒で設置」は嘘ではありませんでした!

【背景布別】実際に使用した作例

それでは、実際にこの撮影キットを使ってみてどのような写真になるか試してみたので作例をご紹介していきます。
特にストロボなどのライティングを行わず薄暗い夕方の自然光のみで撮ったものになります。

撮影機材:SONY‪α‬7Ⅲ SEL50F14Z
撮影環境:ライティングなし、夕方の自然光のみ

コンクリートLサイズ 作例

ピノスタジオ背景布
正面からの撮影
ピノスタジオ背景布
正面からの撮影
ピノスタジオ背景布
斜め上からの撮影
ピノスタジオ背景布
上からの俯瞰撮影
もちづき

いい感じに商品撮影っぽくなりました!

白木目 Lサイズ 作例

ピノスタジオ背景布
正面からの撮影
ピノスタジオ背景布
斜め上からの撮影
ピノスタジオ背景布
真上からの俯瞰撮影
もちづき

手軽にオシャンティーな雰囲気の写真が撮れる!

パステルブルー Lサイズ 作例

ピノスタジオ背景布
正面からの撮影
ピノスタジオ背景布
真上からの俯瞰撮影
ピノスタジオ背景布
真上からの俯瞰撮影
ピノスタジオ背景布
正面からの撮影
もちづき

これがいちばん気に入りました!プロの商品画像みたいな写真が撮れます!

使ってみて感じたピノスタジオ撮影キットのメリット

物撮りに関しては素人の私ですが、この撮影キットを使った写真を見て「こんな綺麗に撮れるのか」とびっくりしました!

実際に使ってみて感じたメリットは次のようなこと。

ピノスタジオ撮影キットのメリット
省スペースで撮影コーナーを作れる
正面からの撮影だと、背景に余計なものが写らないように片付けたり白い壁を探したりするのですが、この撮影キットでは取り付けスタンドを使えば背景を隠してくれます。
撮影布がしっかりしている
撮影布が特殊素材でできているので、シワがつきにくく、汚れもつきにくいので、料理の撮影なども安心してできます。
収納する時がコンパクト
取り付けスタンドの厚みは1.5cmで、撮影布は丸めてしまえば長さ90cmほどの筒になるのでかさばらずに収納することができます。
設置がカンタン
「30秒で設置」と謳っているだけあって本当に設置はカンタン。取り付け用のボードを立てて、撮影布を広げてボードに引っ掛けたらそれで完成。ずぼらな私にはありがたい。

ピノスタジオ撮影キットのデメリット

もちろん、いいことだけでなく正直に悪いところも書いていきますね。

それは値段が高いこと!
商品自体に不満はまったくありませんが、値段が結構高いことがネックになるかなと思います。

ただ、モノはプロが使ってもおかしくないくらいのクオリティビルドなので、これさえあれば物撮りに困ることはほとんどないと思います。

長期的に見て、撮った写真の満足度を考えればこの値段でも元は取れるはずです!

ピノスタジオ撮影キットの価格、割引・クーポンコード

ピノスタジオの撮影キットの価格は次のようになっています。

製品価格
専用取り付けボード6,000円
撮影布 Mサイズ4,900円
撮影布 Lサイズ6,900円
もちづき

まとめ買いでお得な割引クーポンコードがありますので忘れずに使ってください!

ピノスタジオクーポンコード

【購入金額10,000円以上→1,000円OFF】
コード:1000yenOFF
【購入金額20,000円以上→2,000円OFF】
コード:2000yenOFF
【購入金額30,000円以上→3,000円OFF】
コード:3000yenOFF
【購入金額40,000円以上→4,000円OFF】
コード:4000yenOFF
【購入金額50,000円以上→5,000円OFF】
コード:5000yenOFF

【使用方法】
公式サイトで注文時にコピペして使用してください。

ピノスタジオ撮影キットのまとめ

今の時代、フリマアプリやSNSなどで写真をあげる人が多くなっている中、物撮りの重要性は急激に上がってきています。

撮影布がおすすめな人
  • ハンドメイド作家
  • フリマアプリ出品者
  • インスタグラマー
  • ネットショップをやっている人

ざっと思いついた人だけ挙げてみましたが、これらの人には必須のアイテムになります!

気軽に使えて、高クオリティな写真が撮れるこの撮影布はベストと言ってもいいくらいの満足度でした!

ここまでご覧いただきありがとうございました。
以上、おわりっ


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(クリックorタップで飛べます)
閉じる