カメラのこと

【撮影小物】ダンボーは写真に最適な被写体!一緒に撮影に出かけよう!

ダンボー写真のススメ

写真を撮りに行った際に、なんか物足りないな~ってときはありませんか?

風景をただ撮るだけではすこしつまらないなって時には、被写体として人が入るだけでグッと写真が特別なものになります。

「でも、被写体になってくれるような人がいないしな~」

と思ったそこのあなた!

ご安心ください。とっておきのパートナーをご紹介します。

それがダンボーです!

この記事では、写真に気軽に被写体になってくれるダンボーの魅力を余すことなく伝えていきます。

そもそもダンボーってなに?

ダンボー

いや、そもそもダンボーってなによ?という方も多いと思います。

文字通りダンボールをモチーフにしたキャラクターです。

もともとは「よつばと!」というほのぼの系漫画に出てくるキャラクターです。

父親と2人で暮らす「よつば」というちょっとクセのある性格の5歳の女の子が主人公です。主人公よつばとその周りの人たちとの暮らしを描いたハートフルコメディです。

なんにでも全力で行動し、初めての体験に感動や驚きをあらわす純粋さを持つよつばを見ていると、大人になって忘れてしまった感情があることに気付かされます。

「いつでも今日が、いちばん楽しい日。」がキャッチコピー。まさにそのフレーズのとおりです。

この作品中に登場するダンボーはよつばの友達が夏休みの自由研究で作ったダンボール製のロボットです。中に人が入って動くのですが、よつばは本当のロボットだと信じ込んでいるところがほほえましいです。

仕事で嫌なことがあった時に読むと心が落ち着くような漫画です。ぜひ読んでみてください。

フィギュアとして大人気のダンボー

このダンボーですが、さまざまなグッズが販売されています。

その中でもフィギュアとして非常に人気があります。

「え?フィギュアはちょっと抵抗が…」という方ももしかしたらいるかもしれません。

でもダンボーは普通のフィギュアと考えてはいけません。

ダンボーはインテリアとしても絵になるので、テレビの脇にでも置いておくだけで部屋にアクセントがだせます。

私もフィギュアはダンボー以外一切持っていませんが、ダンボーは大小含めると10個以上は持っています。

なんでそんなに持っているかというと、種類が大量にあるからなんです。

ダンボー 通常バージョン

まずは一番シンプルなバージョン。
原作に忠実なデザインとなっています。

持ち運びが便利なミニサイズが写真にはおすすめです。


海洋堂 よつばと! リボルテックダンボー・ミニ 2015年発売モデル 約80mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

ダンボーAmazonダンボールバージョン

様々なバージョンがありますが、個人的におすすめなのはAmazonダンボールバージョンです。

こちらもミニサイズで大きさは約8㎝と非常にコンパクト!カバンに入れても邪魔にならないので、私のカメラバックには常にこの子が入っています。

買ってみて驚いたのが見た目の質感がマットな感じになっており、屋外の風景ともマッチしてしまう恐るべきクオリティです…!


【Amazon.co.jp限定】 リボルテック ダンボー・ミニ Amazon.co.jpボックスver (リボコンテナ入り/クリアグレー)

ダンボーホルスタイン(牛)バージョン

牛バージョンもあります。

草原とかに置いたらインスタ映えしそうです!


リボルテックダンボー・ミニ コンセプトモデル【ホルスタイン】黒

ダンボーゆうパックバージョン

その他にもゆうパックバージョンなどもあります。

もとがダンボールのキャラクターだけに似合ってます!


海洋堂 ゆうパック ダンボー・ミニ 全長約80mm 塗装済み可動フィギュア

ダンボーの魅力

ダンボー

見る人の想像力をかきたてる表情

ダンボーの表情は一定ですが、見る人によっては様々な想像ができそうな味のある表情をしています。

なんでこんないい表情をするんだろうってくらい、フォトジェニックな写真が撮れるので撮影していて夢中になってしまいます。

リボルテックでポージングも可能

リボルテックとは、フィギュア制作で有名な海洋堂が発売しているアクションフィギュアシリーズです。

手足と首の結合部分がリボルバージョイントという可動パーツが使われているので、手足と首を動かしてポーズを変えることが可能です。

ただし、ミニサイズですと手足も短いのであまり大きなポージングはできません。

目が光る!

中にボタン電池が入っており、顔の横のレバーを動かすとなんと両目が光ります!

|〇△〇|ビカー!

これもまた撮影のアクセントになるので、暗いところなどで活躍しそうです。

目が光る機能が付いていない商品もあるかもしれませんので、購入時は商品説明をよくご確認の上購入してください。

ダンボー写真ギャラリー

ダンボーは様々なシチュエーションで被写体になってくれる頼もしい相棒です。

花とダンボー

たんぽぽと一緒にパシャリ。

特別なところに行かなくても、身近なものと撮ればフォトジェニックな写真になります。

たんぽぽとダンボー

藤の花と一緒にパシャリ。

藤の花とダンボー

お出かけ先でダンボー

宝徳寺の風鈴祭りでパシャリ。

風鈴とダンボー

キャンドルと一緒にパシャリ。

個人的にダンボーはコケとの相性がバツグンだと思います。

ダンボー

室内でダンボー

室内でおしゃれな花瓶といっしょにパシャリ。
頭に乗っているのは超ミニダンボーです。

ダンボー

臨江閣という歴史的な建物の廊下でパシャリ。

ただ廊下を撮るだけでは味気なかった写真が、ダンボーがいるだけで味のある写真になりませんか?

臨江閣とダンボー

ダンボー写真まとめ

以上が私が伝えたいダンボー写真の魅力でした。

最後に余談ですが、私がダンボー写真に目覚めたのは大学生の時にダンボー展というイベントがやっており、ちょっと寄ってみていたらダンボー写真集というものが売っていました。

ダンボーの持つ独特な世界観が表現されており、この魅力に取りつかれたのがきっかけでした。

プロのカメラマンだけあって非常に素晴らしい写真ばかりなので、この世界観をぜひご覧ください!

ABOUT ME
もちづき
もちづき
都内の大学卒業後、地元群馬にUターン就職したカメラ好きブロガー。
・男の子(0歳児)のパパ
・風景写真で群馬県内のフォトコンで受賞歴多数

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA